皆様の良き相談相手として中医学を研鑽しその知識の普及に努めております

日本中医薬研究会について

私達の活動とそのキーワード

中国漢方の日本の医療への導入

中国漢方(中国では中医学と言います)は中国の伝統医学をもとに発展してきたもので、西洋医学とは異なる科学理論体系を持ち、中国には専門の大学も病院もあります。私達は国民の皆さんへの啓発、普及だけでなく、この中国漢方を日本の医師、薬剤師、栄養士などの専門の方々に紹介し、学術交流を深め、日本に医療分野に広められればと願っております。

中成薬(中国の漢方製剤)の紹介

中成薬とは中国漢方の理論をもとに中国で創られた医薬品です。中国では薬局で売られていますが、病院でもよく使われています。「冠元顆粒」や「麦味参顆粒」は中国で新しく開発された中成薬で、従来の日本の漢方薬にはありません。このため、効能だけではなく、西洋薬と併用できるかどうか等の研究と、安全性にも充分に配慮し、中成薬の紹介に努めています。

未病先防-生活習慣病の予防

私たちは地域の皆さんに、パンフレットや小冊子などをお渡しして、健康情報の提供に努めております。積極的に病気を未然に防ぐ事が大切だと考えているからです。高血圧、高脂血症、肥満、糖尿病、痛風などの「生活習慣病」は発言してからの治療よりも、日頃の生活習慣から改善し、予防する事が非常に大事です。まさに病気になる前の「未病」段階での「個」人「個」人の予防です。これが中国漢方の提唱する「未病先防」です。

抗老防人-高齢社会への取り組み

日本は15歳未満の人よりも65歳以上の人が多く、しかも65歳以上の人が全体の16%を越えている「超」高齢社会です。人は誰でも年をとり、体力は衰えていき、病気にもなりがちです。しかし、衰えるスピードは必ずしも「平等」ではありません。中国漢方では年齢とともに進行する衰えを「腎虚」(じんきょ)ととらえています。この腎虚を改善、予防することを「補腎」と云います。それが「抗老防人」の第1歩です。

未来へのかけ橋 中国との新たな関係

学術講座と日中瘀血シンポジウム

血液サラサラ健康法講演会私たちは日本の西洋医の先生方と共同して、高血圧、糖尿病、脳血管障害、虚血性心疾患、癌などに関する学術講座を開催し、私たちの中医学的経験と西洋医学的な知見、考え方などを交換し合い、学術交流をしてきました。毎年、中国から中医学、中薬学の研究者、中医師らを特別講師にお招きして、私たち会員とともに日中学術シンポジウムを開催しております。主なテーマは「瘀血」(血液の流れが悪い状態)、「痛証」(気血の流れが滞り、痛みを発生する状態)などです。

専門家による学術交流から、子供たちとの相互訪問まで

中国との交流は、中国の中医師、中国漢方の研究者等と日本の医師2016011505、薬剤師等との学術交流だけにとどまりません。中国の中医薬学の将来のさらなる発展を支えるであろう中医薬学生の勉学・研究の一助にと、私たちは「中医薬学奨学金」を設け、1997年から毎年60名の学生に奨学金を贈っています。

また、1993年に始まったハルピン市平房区少年児童文化センターの設立に協カし、その後1996年以来、私たち会員子弟とハルピン市の子供たちとは、夏休みなどを利用して相互に日本と中国を訪間しあい、スポーツ、音楽2016011504、書道、絵画などの学芸、遊びなどを披露して、仲良く、楽しく交流を行っています。

 

私たちは、次の世代を担う子供たちが相互理解を深めるためには、このように永年にわたり、お互いに言葉を交わし、親密に交流を続けることが太切であると考えています。若い世代による中国との新たな絆を目指しております。2016011503

 

 

イベント案内

  • オープン講座in大阪
  • 妊活女子の漢方レッスン

会員ログイン

ログインしていません。

研究会会員様募集中

  • 中医薬研究会会員募集中
  • メルマガ会員募集中